診療案内

消化器内科

逆流性食道炎

 

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、食事の内容、肥満、加齢、姿勢などによって下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎたりすることで起こります。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎では胸やけのほかに、呑酸(どんさん:酸っぱい液体が口まで上がってくること)、胸痛、咳、のどの違和感、不眠などさまざまな症状がみられます。しかし、なかには食道に炎症が起こっていても、あまり症状を感じない患者さんもいます。

逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の治療の中心は生活習慣の改善と薬の服用です。多くの方は、これらの治療で食道の炎症や症状は良くなりますが、まれに手術や内視鏡を使った治療が必要になる方もいます。

食道がん

食道炎の原因

喉と胃を結ぶ食道の粘膜にできるがんを食道がんと言います。食道がんの主の原因は、喫煙、アルコール度の高いお酒をよく飲む、熱いものを好んで食べるといった生活習慣が関係しています。 ほかの危険因子としては、男性で高齢者というのも統計的に挙げられます。また、バレット食道といって、食道下部の内側にある細胞が変化したり、食道がんを発生し得る異常細胞に置き換わったりしている状態も危険因子です。胃の逆流(食道の下部に胃内容物が逆流する)は食道を刺激して、時間の経過とともにバレット食道を誘発する可能性があります。

食道炎の症状

早期の食道がんでは、症状はほとんどありませんが、あってもその症状は軽く、食べ物を飲み込んだときに少し痛んだり、しみたりする程度です。食道がんが進行すると、症状として、食べ物を飲み込むと途中でつかえたり、胸のあたりに異物感を感じたりします。さらに食道がんが進行すると、食道が狭くなってしまい、水分も通らなくなってしまいます。 進行したがんが、食道の外側の壁を突き抜けて出てくると、そのがんが周りの臓器を圧迫するので、胸の圧迫感や背中の痛み、せき、血の混じったたんが出る、声がかすれるなどの症状が出てきます。

食道炎の治療法

各種検査の結果を総合的に評価して、がんの進展度と全身状態から治療法を決めます。食道がんの治療には大きく分けて、4つの治療法があります。それは、内視鏡治療、手術、放射線治療と抗がん剤の治療です。その他に温熱療法や免疫療法などを行っている施設もあります。ある程度進行したがんでは、外科療法、放射線療法、化学療法を組み合わせてこれらの特徴を生かした集学的治療も行われます。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍の原因

胃潰瘍は、主として胃粘膜の防御機構が弱まることで起こります。ピロリ菌感染、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)やストレスにより防御機構が弱まって胃粘膜に傷ができ、それが潰瘍に進みます。 一方、十二指腸潰瘍は、胃酸の分泌が高くなり、それが胃酸の攻撃に対する抵抗力が弱い十二指腸の粘膜を傷つけて起こります。

胃・十二指腸潰瘍の症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんが感じる症状は、患者さんによってそれぞれ異なりますが、上腹部の持続的な痛みや胸やけ、膨満感が起こることが多いです。胃潰瘍は、主として胃粘膜の防御機構が弱まることで起こります。

胃・十二指腸潰瘍の治療法

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の潰瘍の部分から出血がある場合には、内視鏡を使って出血部分に止血剤を注射したり、クリップをかけたり、レーザーで血管を焼く止血治療が行われます。効果がなければ出血している血管を放射線下に詰めたり、手術が行われることもあります。 出血がない場合は、薬による治療が行われます。まず非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)を飲んでいる場合は、原則としてそれを中止し、ピロリ菌の検査でピロリ菌が見つかれば、除菌治療を行います。

胃がん

胃がんの原因

胃がんの原因については、すべてが解明されているわけではありませんが、現在分かっている範囲では、食事やヘリコバクターピロリ菌、喫煙、体質が関係しているとされています。

胃がんの症状

症状としては、消化不良や不快感、膨満感、食欲低下、胸焼け、吐き気・嘔吐、体重減少などがあります。特徴的な兆候はなく、胃炎や胃潰瘍とも症状が似ているため、気付くのが遅くなりがちです。

胃がんの治療法

胃がんの場合、手術によりがんの病巣を取り除いてしまうのがもっとも確実になります。では、手術以外の治療はおこなわれていないのかといえば、そうではありません。手術によりがんを取り除くことが難しいと判断された場合には、抗がん剤による化学療法、放射線療法などを試すこともあります。ただし、胃がんの場合、手術以外の方法で根治させることは楽ではありません。

胆石

胆石の原因

胆石は、「コレステロール胆石」と「色素胆石」の大きく2種類に分けられます。コレステロール胆石とは、その名の通り、コレステロールを主成分とした胆石で、胆のうに多くできます。現在、日本人の胆石患者の大半が、このコレステロール胆石だと言われています。

胆石の症状

胆石の初期症状として、背中に違和感を覚えることがあります。脂っこいものを食べた数時間後に、右の上部のお腹に不快感を覚えたり軽い痛みが出ます。みぞおちの辺りに不快感を覚えることもあります。痛みも気になるほどではなく、しばらくすると楽になりますが、発熱を伴う場合は胆嚢炎や胆管炎の場合もあり、注意が必要です。

胆石の治療法

胆石症の治療は、できた胆石を除去すること。その方法には、開腹手術で摘出する他に、胆石を溶かす溶解剤を服用する方法、体外から衝撃波をあてて胆石を細かく砕く方法、内視鏡を使って胆石を除去する腹腔鏡下胆のう摘出手術などがあります。

すい臓がん

すい臓がんの原因

すい臓がんの原因は、はっきりとはわかっていません。ただ、生活習慣が影響してすい臓がんになる方が増えていると考えられています。 高カロリーや高たんぱくな食べ物、野菜不足、コーヒーの飲み過ぎ、たばこの吸い過ぎなどには注意が必要です。たばこは肺がんや胃がんの発生率もアップさせるので、喫煙はがんの発生と少なからず関わりがあるということがいえます。 その他の原因として考えられるのは、他の病気によりすい臓がんが起こってしまう場合です。慢性肝炎、糖尿病、そして胃を切除する手術を受けた方もすい臓がんの発生率が高いというデータがあります。

すい臓がんの症状

早期のすい臓がんには、これといった自覚症状はありません。がんが進行していくと少しずつ症状が現れてきます。すい臓の右の部分にあたる膵頭部(すいとうぶ)は、すい臓の中でも最もがんが発生することが多いのですが、この膵頭部にがんが発生して、進行してくると、黄疸(おうだん)という症状が出てきます。

すい臓がんの治療法

すい臓がんの完治が期待できる方法は、ほとんどのがんに共通している事ですが、病巣部を手術によって摘出することです。がんだけを取り除くことはできないので、がんの転移が疑われる周囲のリンパ節や臓器も一緒に取り除きます。 このがん摘出手術はすべてのすい臓がんに行えるわけではなく、進行の度合いによって異なります。手術によってがんの摘出が行えるのはステージⅠ、Ⅱ、Ⅲで、ステージⅣaでは一部の場合摘出が可能、Ⅳbでは不可能とされています。 これは、がんがリンパ節や周囲の組織、離れた臓器に転移している場合、可能な範囲で摘出しても延命効果がないと考えられているためです。この場合は、抗がん剤治療や放射線治療などを行います。

大腸ポリープ

大腸ポリープの原因

大腸ポリープの原因として、最近では遺伝子の異常が考えられ、先天的なものと後天的なものがあります。先天的遺伝子異常は、血縁者に大腸ポリープや大腸がん等がみられる場合に遺伝子の異常をもっている可能性があります。

大腸ポリープの症状

大腸ポリープに特有の症状はなく、便通異常や腹痛のために大腸内視鏡検査を受けた時に、偶然に発見される場合がほとんどです。 ただし、小さいポリープでは無症状ですが、ポリープが大きくなると腹痛、血便、下血などの症状が現れます。肛門に近く、大きくなるほどその頻度が高くなります。 直腸では排便時に肛門から脱出することもあります。有茎性のものでは、腹痛や腸重積の原因になることもあります。

大腸ポリープの治療法

大腸ポリープの大きさや形により、ホットバイオプシー、スネアポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)のいずれかの内視鏡的治療がおこなわれます。いずれの場合も高周波電流によってポリープを焼き切ります。 また、焼き切ったポリープの病理組織学的診断によって、良性と診断された場合、治療は完了します。また、もしがんが含まれていたとしても、粘膜内がんでは転移の危険がないためポリープ切除で治療が完了します。 これが、粘膜下層浸潤がんの場合は、手術が必要なことがあります。

大腸がん

大腸がんの原因

大腸がんの原因で一番多いと指摘されているのが食生活と言われています。一般的には近年の食生活の欧米化が原因であると指摘がありますが、なぜ欧米化の食事が大腸がんになりやすい傾向があるかといえば、特に女性にいえることですが食物繊維不足による便秘が上げられます。

大腸がんの症状

大腸がんの症状というと、一般的に血便が出ると認識している人が多いですが大腸がんでも早期の場合ほとんど症状がないの一般的です。しかしより厳密に言えば、大腸のどこの部分にがんができるかによって症状が変わってきます。結腸がんの症状としては、大腸の初めの部分でもあり奥深いところでもあるので比較的症状が便に出にくいです。また腸内径も広いので便通が悪くなるということもあまりおきません。 直腸がんの症状は、強い便意と下痢が特徴です。腫瘍が大きいと便が細くなったりもします。また、実際は大便が出尽くしてるのにもかかわらず残便感が残ります。

大腸がんの治療法

大腸がんの治療には大きくわけて、内視鏡的治療、外科治療、腹腔鏡治療、化学療法、放射線治療、免疫療法などがあります。大腸がんの場合病巣を完全に切除できれば根治の割合は非常に高く、初期の大腸がんの治療においては即手術をして切除することが大半です。

お問い合わせ

03-526-3451

メールでのお問い合わせ
木曜、土曜日の午後、日曜日は休診です。また祝祭日、第2木曜日、第4土曜日も休診となっておりますので、ご了承ください。
診療時間:午前診療は8時30分から12時30分まで午後診療は14時30分から18時まで、また休診日は日曜、祝祭日、第2木曜日、第4土曜日となります。
アクセス
きただ内科クリニック地図