診療案内

肝臓内科

脂肪肝

脂肪肝の原因

肪肝の原因として肥満や運動不足、飲酒、高脂血症などが知られていますが、中でも非飲酒者に見られる脂肪肝(非アルコール性脂肪肝)に注目が集まっています。我が国における肥満人口の増加をうけて非アルコール性脂肪肝の有病率は急増し、最近の調査では人間ドック受診者の実に20-30%に非アルコール性脂肪肝が見られたという報告がありもはや国民病と言っても過言ではない状況です。

脂肪肝の症状

脂肪肝とは肝臓に中性脂肪がたまった状態です。高級食材としてフランス料理に用いられるフォアグラはガチョウを肥育して人工的に作った脂肪肝ですが、肝臓に脂肪が沈着すると肝臓は腫れて、色調はフォアグラのように黄色っぽくなります。 以前はお酒を飲まない方の脂肪肝(非アルコール性脂肪肝)は進行しないと考えられていましたが、近年の研究でそのうち約1割は肝硬変、肝細胞がんにまで進行していく非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)であることが明らかになりました。

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の症状

NASHは自覚症状に乏しく、血液検査でもAST/ALTの上昇が軽度であるため見落とされやすい病気ですが、肥満人口の増加とともにわが国でも増加の一途をたどっており、NASHが原因となった肝細胞がんも確実に増加しています。健康診断や人間ドックで脂肪肝と診断された方は、たとえお酒を飲まれない方であっても肥満や生活習慣の改善とともに、NASHの可能性を考えて一度は肝臓専門医の診察をお受けください。

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の治療法

NASHの治療の大原則は食事療法と適度な運動による肥満の解消および生活習慣の改善です。それでも改善が不十分な場合には、薬物療法を行いますが、これまでのところ糖尿病の合併例ではインスリン抵抗性改善薬(メトホルミンやピオグリタゾン)、高脂血症合併例の場合にはその治療薬の有効性が報告されています。また抗酸化作用を有するビタミンEや肝庇護作用を有するウルソデオキシコール酸製剤なども有効と考えられており、実際は患者さんの病状に応じてこれらの薬剤を組み合わせて治療します。

B型慢性肝炎

B型慢性肝炎とは?

B型肝炎ウイルスの持続的感染によって起きる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスに感染すると、身体はそれを排除しようとしてウイルスを攻撃しますが、その際に肝臓の細胞も一緒に破壊してしまうために肝臓で炎症すなわち肝炎が起こります。B型肝炎ウイルスの感染者は日本では130-150万人程度と推定されています。以前は母から子への母子感染(垂直感染)が主でしたが、1986年に母子感染予防事業が始まると母子感染は激減し、近年では性交渉による感染(水平感染)によるB型慢性肝炎が増加しています。

B型慢性肝炎の自然経過

B型肝炎ウイルスの持続感染者のおよそ9割の方は自然に肝炎が鎮静化しますが、残りの1割の方は慢性肝炎を発症し、そのうち年2%の割合で肝硬変に進展します。B型肝炎患者さんでの発がん率は慢性肝炎で年間0.5-0.8%、肝硬変で1-8%ですが、注意しなければならないことはB型肝炎の場合は無症状で血液検査でも肝機能障害が見られない無症候性キャリアの方からも年間0.1-0.4%程度の発がんがみられることです。したがってB型肝炎ウイルスに感染していることが判明すれば、生涯にわたって定期的な肝臓がんのチェックを受けていただくことが重要です。

B型慢性肝炎の血液検査

HBs抗原⇒陽性の場合、現在B型肝炎ウイルスに感染していることを示します。 
HBs抗体⇒陽性の場合、以前にB型肝炎ウイルスに感染していたことを示します。B型肝炎ウイルスに対して感染を防御する作用があり、B型肝炎ワクチンの接種でも陽性になります。
HBe抗原⇒一般的にはB型肝炎ウイルスが活発に増殖していることを示します。
HBe抗体⇒一般的にはB型肝炎ウイルスの増殖がそれほど強くないことを示します。
HBV DNA量⇒B型肝炎ウイルスの量で発がんや肝炎の程度に関係するため、定期的な測定が必要です。

B型慢性肝炎の治療法

B型慢性肝炎の治療には抗ウイルス療法(インターフェロン療法、核酸アナログ療法)と肝庇護療法があります。B型慢性肝炎の治療ガイドラインに基づき患者さんの年齢、肝臓の状態、ご希望などを総合的に考慮して治療法を選択します。いずれの治療もB型肝炎ウイルスを体から排除するものではなく、ウイルスの増殖を抑えて病気の進行を防ぐ治療です。

  1. ①インターフェロン

インターフェロンはC型慢性肝炎の治療にも用いられますが、ウイルスの増殖を抑える作用に加え、免疫を高める働きもあります。一般的にALT値が高く、ウイルス量が少ない若年者(35歳未満)で効果が期待できます。従来の筋肉注射や静脈注射に加え、週1回の皮下注射で投与可能なペグインターフェロン(48週間投与)が使用可能になりました。

  1. ②核酸アナログ製剤

1日1回の内服でウイルスの増殖を抑制し、インターフェロンに比べると副作用は非常に軽微です。わが国では3種類の核酸アナログ製剤が認可されていますが、新しい製剤も次々に開発されてきています。

  • ラミブジン(商品名:ゼフィックス)

わが国で一番はじめに認可された薬剤です。長期間の使用により耐性ウイルスが出現し肝機能の再増悪をきたすことが少なくないため、現在では第1選択では使用されません

  • アデホビル(商品名:へプセラ)

ラミブジンの次に認可された薬剤で、ラミブジン耐性ウイルスに対し有効性が報告されています。副作用としては腎機能障害があり、定期的な腎機能検査が必要です。

  • エンテカビル(商品名:バラクルード)

3番目に認可された核酸アナログ製剤で、強力にウイルス増殖を抑制し、耐性ウイルスの出現も非常に低率であり、現在では第1選択で使用される核酸アナログ製剤です。

核酸アナログ製剤は副作用が軽いものの長期間の服用が必要であり、いつまで服用を続けるのかという未解決の問題もあります。

C型慢性肝炎

C型慢性肝炎とは?

C型肝炎ウイルスの持続的感染によっておこる肝臓の病気です。現在わが国には約150万から200万人の感染者がいると考えられています。C型肝炎ウイルスはウイルスを含んだ血液を介して感染し、過去の輸血や血液製剤の投与、入れ墨、ピアスの穴開け、感染者とのかみそりなどの共用などが感染の原因となりますが、約半数の方の感染源は不明です。いったんC型肝炎ウイルスに感染すると、約7割の方が持続感染者となり、放置すれば自覚症状のないまま慢性肝炎から肝硬変、肝臓がんにまで進行する可能性があります。わが国では年間約3万5千人の方が肝臓がんで亡くなっていますのが、そのうちの約75-80%の方がC型肝炎ウイルス感染者です。

C型慢性肝炎の血液検査

    1. ①HCV抗体

C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるスクリーニング検査です。HCV抗体はC型肝炎ウイルスが体の中に侵入したことに反応して人間が作るものであり、過去の感染(以前に感染していたが治癒して現在はウイルスがいない人)でも陽性となることがあります。そのため後述の血中HCV-RNA検査をおこなって、本当にC型肝炎ウイルスに感染しているのかをはっきりさせる必要があります。

    1. ②HCV-RNA検査

C型肝炎ウイルスの遺伝子そのものを調べる検査です。現在はリアルタイムPCR法という検査法が行われており、血液中のC型肝炎ウイルスの有無とウイルス量を調べることが可能です。C型肝炎ウイルス量は次のHCVセロタイプと共にインターフェロン療法の効果に関係しています。

    1. ③HCVセロタイプ

C型肝炎ウイルスの型を調べる検査です。血中のウイルス量とともにインターフェロンの効果に関係しているため、治療法の選択や治療効果の予測に有用です。

C型慢性肝炎の治療法

C型慢性肝炎の治療法には大きく分けてウイルスの完全排除を目指す根治療法と病気の進行をできるだけ遅らせる対症療法の2つがあります。治療法の選択にはウイルス量やウイルスの型、患者さんの年齢や肝機能、基礎疾患に加え患者さんのご希望などを総合的に考慮して決定します。

    1. ①根治療法

C型肝炎ウイルスの完全排除を目指す治療法でインターフェロンが治療の中心になります。ウイルスの量とタイプによって治療法、治療期間が異なります。一般的に血液中のウイルス量が多い患者さんはインターフェロンが効きにくく、ウイルス量の少ない患者さんは効きやすいことが明らかになっています。またウイルスの型(セロタイプ)によっても効果が異なり、セロタイプが1型の患者さんでは効きが悪く、2型の患者さんでは効きやすいことが分かっています。インターフェロン療法にはインターフェロンだけを用いる「単独療法」に加え、インターフェロンのウイルス増殖抑制効果を高めるリバビリンを併用する「2剤併用療法」、さらにインターフェロンやリバビリンとは異なる作用で直接ウイルスの増殖を抑える働きをもつテラプレビルを加えて併用する「3剤併用療法」があります。

    1. ②対症療法

インターフェロンでウイルスが排除できなかった人や副作用のためインターフェロン治療を断念した人、年齢などの問題で十分量のインターフェロン治療ができない人が対象となります。対症療法ではウルソデオキシコール酸(ウルソ)やグリチルリチン製剤(強ミノCなど)を用いる以外に、少量のインターフェロンを長期間投与するなどの方法で肝臓の炎症をできる限り抑えて、C型肝炎が肝硬変や肝臓がんに進展するのを阻止することを目指します。

アルコール性肝障害

アルコール性肝障害とは?

お酒の飲みすぎによっておこる肝臓の障害です。わが国のアルコール消費量は西欧諸国の約6割程度ですが、アルコールの代謝・分解に関与する酵素の活性が欠損または低下している人(いわゆるお酒が飲めない人や弱い人)が約半数にものぼることを考えると、わが国のアルコール消費量は決して少なくなくありません。

アルコール性肝障害のリスク

アルコール肝障害の診断にはγ-GTPの上昇やAST/ALT比の上昇が特徴的で有用です。アルコールは肝臓以外に膵臓、脳、心臓などの障害や依存症を引き起こし、肝臓、食道、頭頸部のがんのリスクを増大させることが報告されており、また妊娠中の飲酒は胎児・乳児にさまざまな影響を及ぼすことがあります。

アルコール性肝障害の治療法

アルコール性肝障害の治療の基本は断酒ですが、ある程度以上肝機能が低下してしまうと断酒による肝機能の改善効果も少なくなりますので早期の治療が重要です。断酒には本人の努力はもとより周囲のご家族の協力も必要で、肝臓専門医や精神科医、看護師など多職種が連携して治療していくことが重要です。

自己免疫性肝障害

自己免疫性肝障害とは?

免疫の異常によって生じる肝臓の病気の総称です。免疫は本来からだの中で病原体(ウイルスや細菌、寄生虫など)やがん細胞を認識して攻撃することにより生体を病気から保護する機構で、この働きが正しく行われるために、免疫機構がからだの正常な細胞や組織(つまり味方)と病原体やがん細胞など(つまり敵)を正確に区別する必要があります。自己免疫性肝疾患ではそのような免疫機構に何らかの異常がおこり、本来は味方である肝臓の細胞を誤って免疫細胞が攻撃することで起こると考えられています。主な自己免疫性肝疾患には自己免疫性肝炎と原発性胆汁性肝硬変があります。

    1. ①自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎とは?

肝細胞が免疫細胞によって攻撃されることで発症すると考えられている肝機能障害でわが国では中年以降の女性に多く見られます。一般的には発症時には無症状で、健診などの血液検査で偶然に発見されることも少なくありませんが、急性肝炎のように発症し、まれに急速に肝不全に陥ることもあります。

自己免疫性肝炎の血液検査

    • 自己抗体

自己抗体は自らの細胞ないし組織に対して産生される抗体のことで免疫機構に何らかの異常があることを示しています。我が国の自己免疫性肝炎患者さんの90%以上で抗核抗体、抗平滑筋抗体のいずれかまたは両方が陽性になります。

    • IgG

B細胞系のリンパ球が作る免疫グロブリンの一種で、からだの免疫に関係しています。IgGの量的な異常は免疫機構の全体的な機能異常を反映しており、感染症や自己免疫性肝炎などの自己免疫性疾患で高値となります。IgGはまた自己免疫性肝炎の活動性の指標の1つで、治療効果の評価にも用いられます。

自己免疫性肝炎の治療

自己免疫性肝炎の治療には副腎皮質ステロイドが有効ですが、ステロイド治療の効果が不十分な場合や副作用等にて十分量のステロイドが使えない場合は免疫抑制剤を用いた治療を行います。 ステロイドは30mg/日程度で開始し、経過を見ながら徐々に減量していき、最終的には5-10mg/日程度を維持量として継続的に内服します。副腎皮質ステロイドの副作用としては、満月様顔貌(顔が丸くなる)、肥満、糖尿病、易感染性(抵抗力が低下する)、骨粗鬆症などがあり、十分な副作用対策が必要です。

    1. ②原発性胆汁性肝硬変

原発性胆汁性肝硬変とは?

肝臓の中にある小さな胆管(胆汁を運ぶ通路)が何らかの原因で障害されておこる病気です。免疫の異常が関与していると考えられていますが詳しいメカニズムはまだ解明されていません。ほとんどの患者さんは無症状で、最近では人間ドックなどで肝機能障害を指摘され、この病気と診断されるケースが増加しています。

原発性胆汁性肝硬変の血液検査

この病気では胆汁を運ぶ通路である胆管が障害されますので、肝臓の中で胆汁のうっ滞が起こることからALP, γ-GTP, LAPなどの胆道系酵素の上昇がみられます。その他、この疾患に特徴的なものとして、免疫グロブリンではIgMの増加がみられ、自己抗体では抗ミトコンドリア抗体が陽性になる場合が多く見られます。

原発性胆汁性肝硬変の治療法

現時点ではこの病気を完全に治癒させる薬剤はありませんが、これまでの研究からウルソデオキシコール酸が有効と考えられており、世界的にも第1選択薬として用いられています。この病気では胆汁の肝臓から腸への分泌が悪くなるため、胆汁と一緒に体の中に取り込まれる脂溶性ビタミン(たとえばビタミンDやK)が不足しやすくなり、その結果として骨粗鬆症が起きやすくなりますので、中年以降の方では骨粗鬆症の治療も合わせて行います。

肝硬変

肝硬変とは?

原因が何であれ肝臓の障害が長期間持続することで肝臓内にコラーゲンという線維が肝臓全体に増加して、肝臓が硬くなった状態が肝硬変です。肝硬変になると肝臓は委縮して小さくなり、表面も岩のようにでこぼこした状態になります。肝硬変の診断は血液検査や腹部エコーなどの画像診断をもとに総合的に行います。

肝硬変の症状

肝硬変になっても早期のうちはほとんど症状がありませんが、肝機能の低下が進行すると腹水(おなかに水がたまる)や足のむくみ、黄疸(目や皮膚が黄色くなる)、手のふるえ、意識障害(肝性脳症)などがみられるようになります。

肝硬変の合併症

    1. ①食道・胃静脈瘤

肝硬変で肝臓が硬くなると腸から肝臓に流れこむ血管である門脈の圧力が高くなり、食道や胃の周りに逃げ道の血管ができることがあり、これを静脈瘤と言います。もし静脈瘤が破裂すると口から血を吐いたり、黒い便が出たりして、時に命を脅かすことがあります。静脈瘤の有無は内視鏡(胃カメラ)で調べることができ、治療も現在では主に内視鏡で行います。

    1. ②肝性脳症

肝臓はアンモニアなどの老廃物を処理する臓器としても重要です。肝硬変になって肝臓の処理能力が低下すると、アンモニアなどの老廃物が血液中に蓄積し、これが脳にいくと脳の働きを低下させ意識の障害(肝性脳症)を引き起こします。肝性脳症は程度によって1から5度まであります。

1度 「何となくぼおっとしている」「返事がおそい」という比較的軽度な 意識障害で、注意していないと気付かないことも多い。
2度 人や場所、日時などを間違え、判断力が低下する。「自分が今いる場所が分からない」や「自宅の電話番号が分からない」など
3度 興奮して大声で叫んだり、怒って混乱した状態になる。コミュニケーションも困難になる。
4,5度 意識がなく、呼んでも起きない状態。

    1. ③腹水

肝硬変では低アルブミン血症や門脈圧亢進症、ナトリウムと水分の貯留などが原因となり、おなかの中に生理的な量を超えた水分(腹水)がたまることがあります。治療としては減塩に加え、利尿剤を投与して腹水の減少を図ります。

肝臓がん

肝臓がんの原因

肝臓にできるがんの総称で、肝細胞がんと胆管細胞がんがあります。肝細胞がんは肝臓がん全体の90%以上を占め、ほとんどの場合、ウイルス性肝炎などの慢性肝疾患を背景に発生します。

肝臓がんの早期発見

肝細胞がんは上述のように何らかの慢性肝疾患を背景に発生するため、肝細胞がんの発生が予想される患者さんの囲い込みがある程度は可能です。日本肝臓学会の指針ではB型慢性肝炎またはC型慢性肝炎が原因の肝硬変は超危険群として3カ月ごとの超音波検査、腫瘍マーカー(AFP, PIVKA-II)の測定に加え、少なくとも6か月に1回は造影CTまたは造影MRIによる肝細胞がんのチェックが必要とされています。またその他の原因による肝硬変やB型、C型慢性肝炎では高危険群として6カ月ごとの超音波検査、腫瘍マーカー(AFP, PIVKA-II)の測定が必要とされています。

肝臓がんの治療法

肝細胞がんの治療には外科切除(手術)、ラジオ波焼灼療法(RFA)、エタノール注入療法(PEIT)、肝動脈塞栓術などがあり、腫瘍の個数や大きさ、また患者さんの年齢や肝臓の機能などを総合的に考慮して治療法を選択します。これらの治療が困難な場合は抗ガン剤(ソラフェニブ)の投与や、肝移植の適応がないか検討します。

    1. ①外科切除

腫瘍が大きい場合や内科的に治療するのが困難な部位に腫瘍が存在する場合などに選択します。ある程度、体への負担も大きいので肝臓の機能がよいことが条件になります。

    1. ②ラジオ波焼灼療法(RFA)

腫瘍の大きさが概ね3 cm、3個までが適応になります。超音波で見ながら腫瘍に細い針を刺し、針の先からでる熱で腫瘍を焼く治療法で、外科手術に比べて体への負担も軽く、最近では治療の主流になっています。 外科手術とほぼ同等の効果が期待できますが、焼灼部位の近くに胆のうや腸管、心臓などがある場合には実施困難な場合があります。

    1. ③エタノール注入療法(PEIT)

RFAが登場するまでは経皮的治療の中心でしたが、根治性がRFAに比べると低いために局所再発率が高く、現在ではRFAの実施が困難な場合に行われます。

    1. ④肝動脈塞栓術

肝細胞がんはほぼ主として動脈から栄養や酸素を得ていることに対し、正常な肝臓は20%を動脈、残り80%は門脈という血管から栄養や酸素を得ているという違いを利用した治療法です。肝細胞がんに栄養や酸素を与えている肝動脈を医療用のスポンジでふさいで、がんをいわゆる「兵糧攻め」にして治療します。この治療法は腫瘍が門脈の中に入り込んでいる方や、黄疸や大量の腹水があるような肝機能の低下した方では施行できません。

    1. ⑤化学療法(ソラフェニブ)

肝細胞がんには長い間有効な抗ガン剤がありませんでしたが、近年、ソラフェニブが進行肝細胞がんに有効であることが多くの患者さんが参加した臨床試験で明らかになり、ソラフェニブは世界的に進行肝細胞がんの第1選択薬となっています。このお薬は内服薬で以前からある抗ガン剤と違って強い吐き気やおう吐は少ないものの、皮膚(手のひら、足の裏など)の障害や血圧上昇、消化管出血、肝機能障害の悪化などの副作用があり、内服中は定期的な受診と検査が必要です。

    1. ⑥肝移植

肝細胞がんの大きさが3 cm以下かつ個数が3個以下または5 cm以下で1個の場合は肝移植も選択肢の1つです。生体肝移植の場合には、ドナーは親族が望ましく、血液型も同じ方が手術成績が良好です。

お問い合わせ

03-526-3451

メールでのお問い合わせ
木曜、土曜日の午後、日曜日は休診です。また祝祭日、第2木曜日、第4土曜日も休診となっておりますので、ご了承ください。
診療時間:午前診療は8時30分から12時30分まで午後診療は14時30分から18時まで、また休診日は日曜、祝祭日、第2木曜日、第4土曜日となります。
アクセス
きただ内科クリニック地図